営業時間10:00〜20:00 〒沖縄県浦添市安波茶2-6-12-1F
☎ 098-911-3306

横隔膜(Thoracic Diaphragm)


インナーユニットを形成する筋肉をひとつづつひも解いていきましょう。
ここでは横隔膜について解説していきます。



横隔膜の起始・停止・神経支配


横隔膜.jpg


起始
腰椎部: 第一(L1) ~ 第四(L4) 内側脚及び前縦靭帯に付着
肋骨部: 第七 ~ 第十二肋骨、肋軟骨内面に付着
胸骨部: 剣状突起

停止:  腱中心

神経支配
横隔神経(運動線維と交感神経線維を含む)
副横隔神経(知覚性であり、臟側胸膜に分布)



機能

横隔膜は胸腔と腹腔を分ける薄いドーム状の筋肉のことです。
この筋の中央部は腱(腱中心)であり、その周囲を筋繊維が取り囲み、胸郭内面と椎体に付着しています。
横隔膜の主な機能は吸気(息を吸う)ことです。

腱中心は横隔膜の筋繊維が収縮していない時は上方に昇っており、
胸腔内に入り込み、ドーム状の屋根となっています。

横隔膜が働き各筋繊維が周りの起始部方向に収縮すると頂上の腱中心が引き下がり、
ドーム状の屋根は除所に平らになり胸腔内圧が低下し吸気が起こります。
吸気では横隔膜が下がっていますが、腹圧を高めれば圧力は横隔膜を下から押し上げる力となり、
腱中心は上昇して胸腔内に戻り呼気となります。

横隔膜1.jpg

吸気専用の筋肉は横隔膜のみで、呼気は他のインナーユニットを形成する3つの筋肉が関与します。
腹式呼吸とは横隔膜が収縮することで腹腔は容積が小さくなるため陽圧となり、
横隔膜によって内臓は下方に押し下げられ、お腹が膨らむ仕組となります。
故に本来、腹式呼吸とはお腹を膨らませながら行うものでなく、
呼吸により勝手にお腹が膨らむ運動を指します。



ポイント

肺の下部までしっかりと息を吸い込み横隔膜を働かせることがポイントです。
肺の下部まで空気が入ると中位・下位胸郭は横径拡張といって横に広がる特徴があります。
腹式呼吸・逆腹式呼吸(横隔膜呼吸)問わず、しっかりと胸郭が広がりが出るようにしていきましょう。
横隔膜の運動低下による下位胸郭のキャリパー運動不全は首・肩の緊張や心肺機能の低下はもとより、
内臓や腰椎・腰部などにも影響を及ぼします。

呼吸エクササイズでも先に横隔膜の動きを引き出すとリアライメント効果も高まり、
またインナーユニットの他の筋肉も働きやすくなります。
インナーユニットは横隔膜が名を連ねるように、意識して固めるものでなく呼吸で動きを導きます。

IMGP7183 (1).jpgIMGP7187.jpg
例:横隔膜呼吸での強制吸気


意識と無意識をつなぐ運動は唯一呼吸です。
本来インナーユニットは無意識下でもしっかりと働くよう、私たちのカラダはデザインされています。
しかし、現代の生活では私たちのインナーユニットは働きにくい環境にあります。

呼吸エクササイズでは、これを一旦意識化に取り出して行い、本来もっている機能を引き出すワークをし、
無意識化でもしっかり機能させ姿勢の安定性・各機能改善を狙います。

昔から行われているボディワークや武道・武術、養生法など多くの伝統のものに
呼吸が必ず入っていることを考えると、呼吸はコンディショニングに必須のワークといえるでしょう。
































email : info@self-conditioning.com
※メールでのお問い合わせは
住所 氏名 年齢 職業 電話番号などの明記をお願いいたします。
または下記のオンラインフォームにて24時間随時承っております。



当スタジオは完全予約制となっておりますので、
ご希望の日時がありましたら、お早めのご予約をお願い致します


指導者向け 参考専門書籍